MENU

【30代・不妊治療】漢方を4ヶ月続けてみた効果

もねこ

こんにちは!もねこ(monet___s)です

今回は不妊治療(西洋医学)との併用で始めた漢方についてご紹介したいと思います。

費用や実際の飲み方など詳しく書いていますので、参考になれば嬉しいです。

ちなみに私の状況はこのような感じです。

  1. 妻34歳 夫27歳
  2. 不妊歴約2年、不妊治療歴1年
  3. タイミング法2回、人工受精3回
  4. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  5. 一度も陽性反応なし

2022年、体外受精にステップアップ予定です。

目次

漢方を飲み始めたきっかけ

きっかけは通っていた鍼灸院の先生に勧められたことです。

その方も2年の不妊治療の末、体外受精でめでたく妊娠もうすぐ出産予定だそうです。

漢方薬を飲み始めて、体質が変わった。と言っていました。

その頃、人工受精を3回試みたものの結果が出ず次は体外受精かな・・・今後の治療を考えていた頃でした。

更に鍼灸師で漢方など東洋医学に詳しい友人がいて、相談したところ漢方と鍼灸の併用はおすすめだと聞き、試してみることにしました。

精神的にも経済的にも大きく負担のかかる、体外受精にトライするからには成功率を少しでも上げたい。そんな切実な思いのありました。

私の利用している漢方薬局

先出の鍼灸の先生と友人にいくつかの漢方薬局を聞き、その中でも通いやすい・実績のある誠心堂薬局さんで漢方を処方してもらうことにしました。

誠心堂薬局は東京・千葉に21店舗あり、漢方相談だけでなく鍼灸治療も行うことができます。

最初1時間くらいのカウンセリングをしてもらい、何種類かの漢方を処方してもらいました。

その後は2~3週間に1回のペースで通い、専属の中医師の先生が現在の体調や不妊治療の経過、基礎体温などから漢方を変えたりしてもらっています。

2回目以降の相談時間は約30分程で相談料はかかりません。

来店が難しい場合は電話相談も可能で、宅配で漢方も郵送してくれます。(手数料、配達料は別途必要)

気になる費用は

体調により処方されるものが変わりますが、私は血液が滞っている瘀血体質で、冷えも強いです。

私は一番効果の高いを言われる煎じ薬を選択し、温胆湯、加味逍遙散、蒲公英、夜交藤、鶏血藤を処方されることが多いです。

煎じ薬は土瓶などで煮出す必要があり、費用もかかります。

私は煎じ薬を4種類の組み合わせと亀六二仙丸、葉酸のサプリを購入しています。

費用は月4~5万円ほどです。最初は高いなと驚きでしたが、予算に応じて相談に乗ってくれますのでご安心ください。

その他費用が安いものだと、錠剤や顆粒があります。こちらの方が、手軽に始められると思います。

煎じ薬の作り方と飲み方

水650ml~700mlと煎じ薬を一緒に入れ蓋をして火にかけます。

ここで沸騰して吹きこぼれないように要注意です。

沸騰してから、弱火ににて30分ほどタイマーをセットして煮出します。漢方独特の匂いがありますので、このとき換気扇もすることをおすすめします。

煮出している様子

30分経ったら、火を止めて煎じ薬を絞り出してから取り出します。

煮出すと約半分の300mlくらいの量になるので、それを2回に分けて飲みます。

色はだいたいこんな感じです

食事前の空腹時に飲んで、食事まで30分ほど空けます。私の場合夕食は30分ほど空けて食事をするのですが、朝は余裕がないので10分ほど空けて朝食をとっています。

ご自身の生活スタイルに合わせて無理なく、続けていくのが大事だと思います。

私は前日の夜に煮出して作ったものを冷蔵庫で保存して、電子レンジで温めてから起床直後と夕食前飲んでいます。

飲み忘れてしまったときは、気が付いたときに飲めば良く、その代わり1日2回飲むときは、6時間ほど空けてください。とのことでした。

ちなみに私が購入した土瓶はこちらです。大きさもいろいろありますが、2000ccでちょうど良いです。

土鍋でも代用できそうですが、漢方の匂いがつくので専用の土瓶を用意したほうがいいです。

気になる味について

味は正直不味いです。夫に飲んでもらいましたが、不味くて飲めないとのことでした。

良薬口に苦しとはまさにこのこと。ただ、この不味さもしばらくすると慣れてきます。

漢方が1種類だけでも変わると味も匂いも変わります。

今は漢方を煮出して飲むことが習慣化してるのであまり苦ではなくなりました。

漢方を飲み始めてからの変化

飲み始めて1ヶ月で感じた体調の変化は、食欲が増した・胃腸の調子が良くなった・寝汗をかきにくくよく眠れるようなった。

生理の変化は、血の塊がほとんど出なくなった、生理前の頭痛が少し緩和された、血の色が茶色から鮮血になった。

(中医師の先生曰く、良い変化らしいです。)

生理前の頭痛はとても辛かったので、それが少し良くなっただけでもいいなと思いました。

基礎体温も飲む前より、低温期と高温期がはっきり分かれてきたことと、高温期が2週間以上続くようになりました。

肝心の妊娠の方は2021年12月に飲み始めて、現在2022年4月ですがまだ妊娠には至っていません。

最初に中医師の先生に言われましたが、すぐに効果が出るものでなく、最低半年は続けてくださいとのことです。

まとめ

漢方は人によって個人差があると思いますが、結果がすぐに出るものでないので時間をかけて根気よく、体質改善に取り組める方におすすめです。

不妊に悩む方だけでなく、生理不順や何か体の不調を感じている方も一度試してみる価値はある思います。

また成果がでたら、ブログに書こうと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

漢方や東洋医学について気軽に学びたい方はこちらの本がおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

◇30代・会社員
◇年下の旦那さんと夫婦二人暮らし

主に家計簿管理、不妊治療のこと、趣味の美術館巡りについて書いています。

Twitterもやってるのでぜひフォローしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる