MENU

2021年7月 共働き夫婦家計簿

もねこ

こんにちは!もねこ(monet___s)です

2021年7月家計簿公開です。4~6月は家計簿のブログ更新をサボっていましたので、久しぶりの更新となります!

我が家は共働き✕節約✕投資で資産形成をしています。

参考にまでに我が家のプロフィールです。

それでは早速、いってみましょう!

目次

2021年7月収支

収入 1,130,786円(手取り・世帯収入)

7月は私(妻)のボーナス支給がありました。夫は6月でした。

コロナ渦の今、ボーナスをいただけるのはありがたいことです。

今回のボーナスは半分は楽天銀行に預け入れ、残り半分はSBI証券の口座に入金しました。

内訳
  1. 夫 433,183円(給与)
  2. 妻 192,960円(給与) 495,909円(ボーナス)
  3. メルカリ売上 8,734円

支出 352,277円

我が家は、大人気家計簿アプリ、「マネーフォワードME」を利用しています。

以下はマネーフォワードより参照しています。

項目金額割合
①食費92,440円26.24%
②特別な支出69,614円19.76%
③健康・医療67,671円19.21%
④衣服・美容57,280円16.26%
⑤交際費41,905円11.90%
⑥日用品9,181円2.99%
⑦水道・光熱費7,327円2.08%
⑧通信費4,363円1.24%
⑨教養・教育1,130円0.32%
もねこ

支出金額の多かった①~③の項目について振り返っていきます。

①食費 92,440円

内訳
  1. 食料品 58,830円
  2. 外食 33,610円

先月は、夫の誕生日がありお祝いで外食したので高めになりました。

スーパーなどで購入する、食料品もいつもより多くかかってしまいました。

②特別な支出 69,614円

内訳
  1. 旅行、レジャー 64,232円
  2. 家具・家電 5,382円

先月、軽井沢に1泊2日で旅行に行ったのでそのレンタカー代や飲食費などです。

家具・家電は、気になっていた時短調理器具のホットクックを2周間レンタルした費用です。

購入前に、本当に必要かどうか検討したかったので家電お試しサービスのレンティオを利用してみました。

ホットクック、便利で良かったのですが我が家は狭くて置き場所がないので、購入は一旦見送ることにしました。

③健康・医療 67,671円

現在、不妊治療中でその費用が多くかかりました。

先月は初めてクリニックにて人工授精にチャレンジ。結果はだめでした。

かなり落ち込みましたが夫婦で力を合わせて、焦らず諦めずで頑張っていきたいと思います。

鍼灸治療にも通っていて、こちらも1回9,500円ほどかかります。

不妊治療は精神的金銭的に負担がかかります。

来年度から不妊治療費も保険適用になりますが、少しでも不妊に悩んでいる夫婦にとって負担の少ない社会になれば良いなと思っています。

まとめ

今回は2021年7月の家計簿でした。7月は夫の誕生日と不妊治療費が重なり、支出が大きくかかりました。

不妊治療はを本格的に始め、支出は多くなりましたがここは仕方ないと割り切っています。

それ以外の部分で支出をコントロールして家計管理をしていきたいと思います。

私がレンタルしたホットクックはこちらです。夫婦二人暮らしなら1.6Lでちょうど良いです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

◇30代・会社員
◇年下の旦那さんと夫婦二人暮らし

主に家計簿管理、不妊治療のこと、趣味の美術館巡りについて書いています。

Twitterもやってるのでぜひフォローしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる